無料で合同会社を設立|大阪で合同会社を無料で設立

手数料0円で会社設立!!相談無料!!

合同会社のメリット|大阪で会社設立/ホントに合同会社でよいですか?

合同会社は設立費用が安い!|大阪で会社設立/ホントに合同会社でよいですか?

設立時に必要な登録免許税が最低6万円(資本金による)~と、株式会社の15万円~(資本金による)に比べて少額です。また、公証人による定款認証(5万円)も不要です。

なお、弊社は、通常考えられる起業パターンの多くの場合で、この点のみ、合同会社のほうが株式会社よりもメリットがあると考えています。

合同会社は意思決定が早い|大阪で会社設立/ホントに合同会社でよいですか?

合同会社には決算の公告義務がありません。また、出資者=経営者ですので、株主総会的なものを開催せずとも速やかに重要な意思決定ができる仕組みになっています。

ただ、自分が100%出資して自分が社長になる場合は、株式会社でも速やかに重要な意思決定ができるので、多くの場合はこの点は合同会社のメリットとは言えないでしょう。

出資者全員が有限責任|大阪で会社設立/ホントに合同会社でよいですか?

株式会社と同様に、出資者は全員が有限責任となる点が他の持分会社(合資会社、合名会社)と比較した場合の合同会社の特徴です。無限責任の場合、負債総額の全額を支払う必要があるため、有限責任であることのメリットが大きいです。つまり、この点は株式会社と同じということです。

出資者は皆対等!?|大阪で会社設立/ホントに合同会社でよいですか?

出資者は出資額にかかわらず対等の議決権を持ちます(定款で変更することもできます)。そのため、対等に事業に進めたい場合にはメリットとなります。

ただ、この点に関しても、自分と対等の議決権を持たせたい相手と同額を出資すれば、株式会社でも同じことができます。例え出資者の1人にお金がなくとも、株式会社は資本金1円からでも設立できるので全員の議決権を同じにすることのハードルは高くないでしょう。

自由に利益を配当できる!?|大阪で会社設立/ホントに合同会社でよいですか?

株式会社と異なり、出資者の出資金額と関係なく利益を配分することができます。そのため、例えば、「出資金額にかかわらず均等に利益を配分する」「(出資金額が少なくても)利益に貢献した人に加重して利益を配分」など会社の事情に応じて考えることができます。

ただ、この点も上記で述べた通り、出資金額が一律であれば、株式会社でも出資者に均等に配分することができるし、また、誤解されやすいのは、配当は経費にはならないということです。

多くの場合、株式会社であろうと合同会社であろうと、出資者=経営者だとおもいます。

そうであれば、通常、利益の配当は役員報酬(経営者の給料)をとおして配分することが多いです。そうすれば、その役員報酬は経費になり、会社の節税に繋がるからです。

合同会社は組織運営の自由度が高い!?|大阪で会社設立/ホントに合同会社でよいですか?

合同会社の場合、会社の事情に合わせて定款で組織のあり方を決めることができます(「定款自治」などと言われます)。 例えば、「出資だけする出資者」「出資と経営両方する出資者(業務執行社員)を分けることや、代表社員を定めるか否かなども会社の考え方次第です。

ただ、この点も株式会社でも対応可能です。

合同会社のデメリット|大阪で会社設立/ホントに合同会社でよいですか?

合同会社は資金調達の選択肢が少ない|大阪で会社設立/ホントに合同会社でよいですか?

合同会社にはそもそも株式がありませんので、株式の仕組みを使った資金調達はできません。また、ベンチャーキャピタルのように株式上場や値上がりの利益を狙うファンドの投資対象にもなりませんので、資金調達方法の選択肢は限られます。

合同会社は人間関係が大変!?|大阪で会社設立/ホントに合同会社でよいですか?

弊社はこの点が合同会社の最大のデメリットであると考えます。

合同会社は、原則として出資金額にかかわらず対等な議決権がありますので、出資者の人間関係が崩壊したり、対立が収拾できなくなると経営が困難になるリスクがあるので、良好な人間関係や丁寧な合意形成の努力が求められます。

具体的には、あなたが「これはこうしたい!」と言っても他のパートナーが「いやだ!」といえば、あなたは何もできないということです。

事業を円滑に進めるには、人間関係は対等でも、立場の上下は付けたほうが良い場合は多々あります。

合同会社の知名度は低い?|大阪で会社設立/ホントに合同会社でよいですか?

合同会社ってなに?っていう方は多いかと思います。

お客様や取引先に対するイメージの問題です。あなたは、同じ商品を仕入れる際に、同じ品質で同じ価格だったら、株式会社と合同会社、どちらとお付き合いしますか?

という問いで、「株式会社と合同会社どちらにしようか?」というあなたのお悩みは吹き飛ぶかと思います。

ちなみに、合同会社の代表の肩書は「代表社員」です。「代表取締役」ではありません。

よく社員(従業員)の代表??という誤解をされる方もいらっしゃいます。