担当税理士の紹介

代表税理士 鳴海佑亮(なるみゆうすけ)

代表税理士 鳴海佑亮(なるみゆうすけ)

生年月日
1980年5月9日
ソウルナンバー「5」
動物占い「放浪の狼」
略歴
【経歴】
大阪府堺市で生まれる。
大阪府吹田市で幼少期を過ごし神戸市北区で青年時代を過ごした。現在は神戸市東灘区在住。

・三田学園中等部 卒業
・三田学園高等部 卒業
・近畿大学法学部 卒業【法学学士】
・東亜大学大学院 修了【法学修士】
・公認会計士事務所にて7年間修業。
  
【その他の役職】
・アンテリジャンス株式会社/CEO
(Web・SP制作)
・リレセス株式会社/CMO
(システム・アプリ開発)
・こんさる堂/代表コンサルタント
(治療院コンサルティング)
趣味(好きなこと)
・自分を高めること
・人から必要とされること
・音楽(rap,hiphop)
・ボクシング

なぜ税理士を目指したのですか?

コンサルタントになりたかったからです。

私の生きがいは、

・人から必要とされること

・自分を高めること

この二つなんです。

コンサルタントとして顧客から必要とされるためには、まず自分高めないといけないし、さらに自分を高めると、もっと顧客から必要とされます。

でも、ただのコンサルタントじゃ「説得力に欠けるな・・・」と思いました。

だから税理士。

税理士になれば「財務コンサルタントです!」と言えますよね。

また、お金の専門家になってしまえば顧客の経済活動の全体像を見渡せるので、その後どんなコンサルタントを目指すことになったとしても税理士のノウハウが必ず役に立つ。そう思ったからです。

なぜ今の経営理念を掲げているのですか?

創業当初に私自身が「悩んだこと」「苦労したこと」は、創業者であれば「誰も」が経験することだと思うんです。商品開発、ビジネスモデル、マーケティング、クロージング、そして資金繰り・・・いわゆる「経営計画」というやつです。

私の場合、将来ビジョンは明確でしたが「経営戦略」と「経営戦術」については手探りの状態が続きました。もちろん資金繰りにも大変苦労しました。ランチェスター戦略に基づき、経営戦略はなんとか定まったものの明確な経営戦術を得るまでには、それはもうたくさんのマーケッターのセミナーを受講したり、本を読み漁ったりして、多大なる「お金」と「時間」がかかりました。
その時に思ったんです。

税理士が経営戦略や経営戦術についてもアドバイスすることができたら・・・税理士が各分野の信頼できる専門家を紹介できる「窓口」になれたら・・・お客様に貢献することができるし、それが税理士としての新たな価値になるのではないかと・・・。

そして、税理士としての専門分野では、未来の資金繰りまでシミュレーションしてお金周りの情報をお客様の将来にわたって提供しよう。

それが弊社の理念「クライアントの未来をデザインし、経営者の困ったをワンストップで」を掲げるキッカケになりました。

お客様の「将来ビジョン」の実現、これが弊所のミッションです!

私たち税理士の仕事の醍醐味は、お客様の「夢の実現」に立ち会うことができることだと思っています。

そう思っている以上、徹底的にお客様の「将来ビジョン」を実現させることに注力する。

記帳代行や節税対策・税務申告なんて税理士なんだからやって当たり前じゃないですか。

私たちはお客様の将来ビジョンを実現させるためなら、税務や会計の枠を飛び越えて「どんな難題」にも一緒になって考えます。

そのためには、当税理士事務所も「誰が」どのお客様を担当しても高水準なサービスを提供できるような組織づくりを目指さないといけないし、その価値をわかってもらえるお客様に顧問先になって欲しいと思っています。

また、当税理士事務所もお客様の気持ちを本質的に理解するべく、お客様と共にグループでの拡大成長を図ります。

そして、我々はあらゆる分野でお客様のサポートをワンストップで実現することができるよう、業種特化した本質的なコンサルティング集団を目指します。

私たちにもあなたの「夢」を手伝わせてくれませんか?