頑張っている整骨院・治療院が廃業するアタリマエの理由とは!?

頑張っている治療院が廃業してしまうアタリマエの理由とは?

SEPsts-thumb-1000xauto-16093

 

整骨院・治療院の開業、融資、資金調達、マーケティングに強い

大阪の税理士事務所

ユナイテッド・ロイヤーズ税理士事務所

代表税理士の鳴海です。

 

前回の記事で経営とは

 

・あなたの「理念」を達成させるために

・あなたの「計画」を実行し「続ける」こと

 

と書きましたが…

 

 

究極的には、

 

経営とは「続ける」ということです。

 

では、

治療院事業を続けるためには何が必要でしょう?

 

お金です。

 

お金さえあれば治療院経営を続けることが出来ます。

 

では、

お金を確保するにはどうすれば良いのでしょう?

 

めちゃくちゃシンプルですが・・・

 

支出が収入を上回らなければよいのです。

 

そうです。当たり前のことです。

 

しかし、

皆さんこれを全然わかっていません。

 

よくあるのが、

 

 「ビジネスモデルがそもそも崩壊している」

 

 パターンです。

 

 

頑張ってそれなりに上手く行ってるのになぜ廃業してしまうのか?

 

治療院を経営していくには、

 

どれだけ節約したとしても月額30万円以上の経費がかかります。

 

これに借金の返済や治療機器のリース料の支払いなどを合わせると

 

月額40万円以上はランニングコストがかかります。

 

にもかかわらず、

 

15分の施術単価を1500円に設定してしまったら?

 

先生の時給は6000円です。

 

すると先生の月商は、

 

6000円×8時間×稼働率50%×20日=48万円

 

先生の月収は

 

48万円―40万円=8万円

 

です。

 

さらにそこから、

 

所得税、住民税、国民年金、国民健康保険料などを含めた

 

先生の生活費を支払わなければなりません

 

少なく見積もっても大体30万円くらいでしょうか?

 

8万円-30万円=▲22万円

 

一生懸命頑張っているにもかかわらず、

 

毎月▲22万円の赤字になります。

 

300万円の運転資金が

 

およそ1年で底をつきます・・・。

 

ちなみに、

 

この数字は毎日の稼働率50%を確保するだけの「集客」と「リピート」が出来ていて、

 

かつ、先生自身が月間160時間も働いてです。

 

つまり、一生懸命やっていて、

 

それなりに結果を出せているにもかかわらず、

 

およそ1年で廃業を迎える

 

といった悲惨な状況です。

 

こうなってしまうと、

 

もう、理念どころではないですよね・・・

 

先生個人の時給でいうと500円ですもんね(汗)

 

最初の仕組みがいかに大事かということです。

 

あなたの事業計画に少しでも誤算があると、

 

それを一生懸命実行すればするだけ、

 

誤算どおりの結果に辿りついてしまうということです。

 

このように、治療院経営を成功させる秘訣は、

 

支出が収入を上回らないようにすることだけなのですが、

 

経営者自身が考えた「計画」自体が、

 

そもそも支出が収入を上回っている

 

ということが珍しくありません。

 

先生の院のビジネスモデルは大丈夫ですか?

 

 

普通の税理士事務所と「治療院専門」の税理士事務所、先生はどちらを選びますか?

私たちは「治療院専門」の税理士事務所です。

私たちの運営する会社では「治療院」の永続的・本質的なコンサルティング

も行っています。

 

普通の税理士事務所と「治療院専門」の税理士事務所

先生はどちらを選びますか?

 

「繁盛院になるための秘訣をもっともっと知りたい!」

 

という先生は、下記メルマガ☆★登録無料☆★で貴重なノウハウ

を発信しています。

この機会に是非どうぞ!!

*メールアドレス
*お名前(姓)

詳しくはこちらから

関連記事