税理士事務所未経験者ブログ①【税理士 大阪】

はじめての税理士業務

 

こんにちは

 

ジュニア・アソシエイトの佐村木です。

 

今日は税理士受験生が勉強していて日々思うであろう税理士業務について話していきたいと思います。

 

ぼく自身大学生の頃から税理士を目指していて

 

実務につく前から試験勉強をしていたのですが、常に頭の片隅に

 

この勉強意味ある?

 

と思いながら勉強してきました(笑)

 

簿記論、財務諸表論の勉強をしていた頃は専門学校に通っていたので、

 

よく社会人受験生の方々と飲みに行くきっかけがあり、いろいろと実務の話を

 

聞かせていただいていたのですが、

 

正直何を言っているかまったくわかりませんでした・・・(笑)

 

そしていま簿記論、財務諸表論、消費税法を合格して今年の2月からユナイテッド・ロイヤーズ税理士事務所でアルバイトとして日々勉強させていただいています。

 

 

働き始めてはじめての仕事は、レシートや領収書を分類して

 

それを会計ソフトに打ち込むという内容でした。

 

しかし分類が終わりいざ会計ソフトに打ち込むとき、

 

あることに気づいてめちゃくちゃ焦りました。

 

やばい勘定科目全然おぼえてない・・

 

簿記論や財務諸表論であれほど見た勘定科目も2、3年したらほぼ忘れてました・・

 

ただ会計ソフトってすごく便利で勘定科目とか全部でるんです(笑)

 

助かった~~

 

と思いながらなんとか仕上げて上の人にチェックしてもらうと・・

 

ミスがやばい・・・・

 

慣れない仕事で遅いから早く提出しなければ!!

 

と思いながら確認もせずただただひたすら入力していたのですが、

 

しばらくして

 

これではダメ!と注意されました・・

 

しかし、ただ注意するのではなく

 

ミスをすることで何がロスするのかということを丁寧に色々教えていただきました(たとえば日付や摘要欄については後で確認するときに必要であることや、部門ごとに区分することについては売上や原価を把握するためなどなど・・忙しいなか教えていただき本当にありがとうございます!)

 

 

この仕事は几帳面でなければ務まらないと日々実感しながら

 

お仕事させていただいています。

 

おおざっぱな自分の性格を呪いながら(努力してなおします!)

 

できるだけはやくノーミス提出をできるように今日もがんばります!!